股 痒い 原因と対策方法

股はなぜかゆくなる?病気と原因と対策

股が痒くなることは割とよくあることです。
ですがいざかゆくなると気になるのが性病になってしまったのではないか何が悪い菌が感染しているじゃないかという不安です。
そこでこのページでは股が痒くなる原因や判断基準や対策方法を紹介します。
股のかゆみにいつも悩まされている方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

股のかゆみの原因

フェミニーナで有名な小林製薬の調査では女性の2人のうち1人が股のかゆみをに悩まされているそうです。

 

陰部のかゆみは珍しいことではなく女性の半分が悩んでいる症状です。
その原因は何なのでしょうか。
同じく小林製薬の調査ではこのグラフのようになっています。

 

股(陰部)が痒い時に考えられる原因と対策方法

 

圧倒的なのはムレ・おりものシート・経血・汗
以下、下着の擦れホルモンバランスの変化などが原因になっています。
病気で痒くなるのは膣カンジダでこれはかゆみの9%でしかありません。

 

つまりほとんどは日常的なケアの間違いなどで起きること
ですのでかゆみが出たらまず病気を疑うというのではなく、ケア方法が正しいかチェックしてみましょう。

 

 

股がかゆくなる病気との判断基準は

念のため病気で起きている買い物かチェックする方法を紹介します。

 

股の病気が原因で起きている場合はおりものが異常になります。
おりものが変になるというのは臭い匂いがしたり色がついたりすることです。
おりものだけでなく痛みなどの症状が伴うことが多いです。

 

例えば痒みが出る病気で比較的かかりやすい膣炎の一つであるカンジダはデリケートゾーンが真っ赤になり、白いおりものになって激しく痒くなるのがが特徴です。

 

原因別の痒みの対策方法

ムレ起きている場合
むれが原因で痒い場合は股を通気良くさせないといけません。
そのためには風通しの良い下着を着たり、締め付けすぎないズボン履いたり、ナプキンを布製のものに変えたりするなどが考えられます。

 

 

おりもので起きている場合

おりもので痒い時はまめにおりものシートを交換したりお風呂で清潔に丁寧に洗ったり場合によっては膣洗浄したりなどの方法があります。

 

汗で起きている場合

汗が多くてそれで痒くなっている場合は汗がこもりにくくなる下着や洋服を着ます。他には汗を止めるクリームをするという方法もあります。

 

石鹸が合わなくて痒い時

ボディソープを使っていると刺激が強すぎて股のかゆみを引き起こすことがあります。
もし敏感肌でボディーソープがしみると感じたら股用の石鹸にかえるだけで痒みが改善するかもしれません。

 

デリケートゾーン石鹸の中にはカビと細菌の繁殖を抑えてくれる薬用石鹸もありますので、家で毎日のケアで使うことでむれやカンジダの痒み対策になります。

 

 

参考までに:コラージュフルフル泡石鹸

股の石鹸

コラージュフルフル泡石鹸は殺菌作用と抗菌作用が入っている薬用石鹸です。
雑菌やカビ菌が原因で起きるかゆみにおい根本対策できる弱酸性の優しいデリケートゾーン石鹸です。

 

 

日常的なケアで痒みが治らなかったら

通気良くしたりおりものシートを変えてもなかなか痒みが取れない、そんな時は市販薬で対処することもできます。
市販薬というのはでフェミニーナ軟膏で、デリケートゾーンの蒸れによるかゆみなどを抑えてくれる薬です。
フェミニーナ軟膏についてはこちらで紹介しています。