股が臭くなる原因と考えられる病気

股のにおいの原因と対策

股が臭くなる原因と考えられる病気

股の臭いを気にする女性が増えています。
デリケートゾーンの匂いは他の女性と比べることができず、相談しにくく少しにおいがするだけでも異常だと思う人がいるようです。

 

股の臭いは病気か判別するポイント

デリケートゾーンが臭くなる病気は確かにあります。
例えば性病や膣炎などで特有の悪臭が起こります。
判断できるポイントとしてはおりものがおかしくなっているか、痒みや痛みなどがあるかなどです。

 

 

股が臭くなる病気

参考までに股の匂いが強くなる病気を解説します。

 

 

トリコモナス腟炎

トリコモナス腟炎の症状は黄色や黄緑色のおりものが出て、膿のような悪臭が出ることです。
外陰部がかゆくなります。セックスでうつることが多いですがプールで感染することもあります。

 

淋病

淋病ではおりものが黄色い膿のような色になります。
そして量が増えるという特徴があります。悪臭がすることもあります。

 

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによって起こる病気で、この病気になるとおりものの量が増えて少し悪臭がします。
一番特徴的なのが外陰部にイボが出来るところでです。

 

 

病気以外の原因で臭くなる場合

生理的な原因で臭いが強くなることもあります。

 

 

考えられる原因は

股を不潔にしていること

ナプキンを変えなかったりおりものシートを何日もつけていると臭って当然です。

 

洗いすぎで起こる

臭い不潔にするとは反対に洗いすぎでも臭いが悪化します。
その理由はこちらで紹介しています。

 

タンポンやコンドームを取り出し忘れていること

強烈な悪臭がする場合タンポン取り忘れていたり、コンドームが入っていたりすることがあります。

 

すそわきがが原因

陰部から汗が出て異臭がする場合、アポクリン腺からワキガの臭いのする汗が出ている場合があります。
これがすそわきがすそわきがについてはこちらのページで紹介しています。

 

汗が原因

すそわきがでなくても、汗をかいてくることで酸っぱい匂いがする可能性は充分にあります。

 

生理中は臭いが強くなる

生理中はホルモンの関係で、皮脂腺から皮脂が多く出るようになって、臭いが強くなることがあります。
それ以外にも一番大きい家としては経血が雑菌が繁殖しているという雑菌臭があります。

 

 

ここまで色々なデリケートゾーンの臭いの原因を紹介してきました。
もし病気でひっかかる項目があったらなるべく早く婦人科に受診しましょう。