股 臭い 対策

食生活で股の臭いを改善

食生活の変化です。そわきがに悩む人が増えています。
ワキガ体質は食生活はでは変わらないが体質の度合いが強くなります。

 

 

ワキガ体質はアポクリン腺の数に比例しますす。
ですので生まれたときに既に決まっています。
しかし動物性食品を多くとるなどの食事で、アポクリン腺の活動が活発化してしまいより強い臭いを産んでしまうということが分かっています。

 

食べ物と股の臭いの関係性が理解できたところで、股の臭い良くする食べ物・控えるべき食べ物を紹介したいと思います。

 

 

酸性食品を減らそう

体臭がきつくなる時は体が酸化している時です。
体が酸化しているというのは活性酸素が生まれやすい状況です。

 

ですので酸性食品を減らしてアルカリ性食品を食べる事で臭いが改善できます。
もちろんアルカリ性食品に偏りすぎるのはよくありませんが、
参考にどんな食品がアルカリ性食品を紹介します。

 

 

アルカリ性の食品

食べ物で股(陰部)の臭いが悪化!どんな食べ物が良い?

野菜のほとんど果物のほとんど
ナッツ類ではアーモンド、くるみココナッツなど
調味料では蜂蜜やこんぶハーブ茶などはアルカリ性食品です。

 

 

酸性食品

食べ物で股(陰部)の臭いが悪化!どんな食べ物が良い?

 

野菜では乾燥している豆果物では加工されているもの、
乳製品ほとんどすべて
肉類もほとんどが酸性です。
それからコーヒーやココアといった飲み物も酸性のものがあります。

 

 

抗酸化成分が入っている食品もお勧め

ポリフェノールを多く含むものビタミンcが含まれているものは抗酸化作用があり、
体内の脂肪酸の酸化を防いでくれます。
特にビタミンcは食品の酸化防止剤にも使われているくらいの効果がある成分です。

 

 

腸内環境良くすることで陰部の臭いを改善

 

腸内には善玉菌と悪玉菌という2つの菌がいますが、善玉菌の活動にさせてあげることで、腸内の環境を良くして身体全身の匂いを良くすることができます。

 

ビフィズス菌は腸内に生きて届く事で腸内環境を良くしてくれることで有名ですね。
ヨーグルトなどを積極的にとっていきましょう。

 

 

便秘を解消することも大切

 

宿便というのは腸内に腐敗した食品細胞の残骸などが詰まっていることと同じです。
これはデリケートゾーンの臭いだけでなく体臭や尿の臭いにもつながります
ので食物繊維を多くとるなどして便秘を解消していくことが必要です。

 

クエン酸の効果的

クエン酸は食物や黒酢に入っている成分です。
クエン酸は代謝をスムーズにして疲労物質である乳酸作られるのを抑えてくれるのでニオイ改善に効果があります。

 

 

普段の栄養がバランスが取れていなかったり、強いストレスを感じていると、体内に酸素が回らなくなって乳酸が増えてしまいます。
乳酸が増えると汗に尿素とアンモニアが増えるので、股の臭いがアンモニア臭い汗になってしまいます。

 

酢は乳酸生成を防止する作用があるので、股の臭いの改善に役立ちます。

 

デリケートゾーンの臭いは食生活の改善だけで治るものではありませんが、食生活が悪いと臭いも悪化してしまいます。
ですので出来るところからでいいので実践してみてください